FP資格を持っていると生活の様々な面で活かすことができます

当サイトはFP(ファイナンシャルプランナー)を既に取得した方、そしてこれからチャレンジする方のためにさまざまな情報を提供したいと考えています。
この資格の活かし方はバラエティーに富んでおり、お金のプロとして仕事で活用することに加え、ご家庭での金融商品(保険など)の選択や税金対策、資産運用など利用できるシーンはたくさんあります。
ここでは身近な活かす方法をご紹介し、取得にチャレンジするきっかけづくりが行えればと思います。

生活が変わる?FP資格の活かし方

生活が変わる?FP資格の活かし方 FPはお金のプロとも言われており、開業すれば多くの人々に対してお金に関するさまざまなアドバイスを行うことができるようになります。
他の士業資格と併用すれば仕事の幅が大きく広がることも間違いありません。
加えて、私生活においてもFP資格で習得した知識を活かすことができます。
例えば、ライフステージに適した保険商品を選択したり、長い目で見て家計に最も有効な金融商品や資産運用を自力で探ることが可能になります。
各金融商品についてリスクとリターンの両面から判断する能力が身に付きますので、家計の運営が目先だけの節約にとらわれることがなくなります。
さらに、FP資格では税金に関する基本的な知識も試されますので、所得税を抑えるための方法や家計にとって最も有効な相続税対策についてなど、家計の助けになる活かし方がたくさんあります。

FPとは、職業だけでなく実生活に役に立つ資格

FPとは、職業だけでなく実生活に役に立つ資格 FPという資格がありますが、これが必要な仕事にしか役に立たないと思っていませんか?就職や仕事にも勿論役に立ちますが、実は日常生活から人生にまで幅広く役に立つものなのです。
良く金融業の職種の場合に、取得を求められるのがよく知られていますが、簡単に言えばお金に関わる事を学ぶものです。
私たちは、何となくこれまで知り得た情報から自分流で家計のやりくりをしていますが、改めて見直すと損をしていたり間違って認識していたりと言うことが多々あります。
そうです、これは何となくしか知識がないからで、基本からしっかり教えて貰ってないからということです。
FPはお金の事を基本的な所から学ぶから金融業には必要になる訳ですが、この基本の知識を身につけるとお金に関する制度の活用から日常生活や人生のライフプランニングや具体的な目標設定、お金に関するトラブルやリスクの回避や予防または解決など、FPの資格のための知識というのは仕事の他にも大変役立ちます。
また、制度などは時代とともに変化しますが、基本を学んでおけばその変化にもすぐに対応出来るので、また上手くその制度を活用して生活や人生を良い方向に進めていくということがしやすくなります。

専属のFPをお探しなら

専属のファイナンシャルプランナー(FP)がサポート