FPの知識は保険や税金に活かせる

FPの知識は保険や税金に活かせる

FPの知識は保険や税金に活かせる FPという資格は、ライフプランニングに関しての、生涯の資金計画、金融資産や保険商品に関する運用、税金、人生設計に関するリスク管理、不動産の運用、相続や事業承継などに関して、資金の設計をします。
FPは以前は民間資格でしたが、その資格は試験機関や資格の種類によって国家資格となっています。
いずれも試験により取得する資格です。
具体的な仕事は人生設計を行うことです。
就職、結婚、マイホームの取得、子どもの教育と就職と結婚、ご自身の退職、第二の人生の生き方、死亡と相続、これらには全て保険や税金が関わってきます。
そうした人生設計に関わる資産の管理を設計します。
クライアントにその設計図を示し相談します。
とは言っても、FPは名称独占資格で、弁護士や税理士のような業務独占ではありません。
ですから、一般的には他の士業や金融機関の職員などが取得する場合が多いと言います。
資格試験は、年3回実施されています。
国家資格である2級技能士と、民間資格であるAFPは同じ試験となりますが、資格取得後の継続研修などの違いがあります。

FP取得のために学んだ知識は実生活で役立ちます

FP取得のために学んだ知識は実生活で役立ちます FPの資格取得のために学んだ知識は、実社会ですぐに役立ちます。
日々の生活の中でお金に関することによる悩みはつきません。
しかしながら大きな金額の買い物であればあるほど、確実な理解が無いままに決めているケースが少なくないものです。
FPはお金特に家計に関する様々な内容を学びます。
大きな買い物である保険や住宅等不動産についても、収支を見ながら判断を客観的に出来ることがとても大事になってきますが、その意味において学んだことを活かすことに繋がるわけです。
その他にも教育資金についてたとえば返済が可能かどうか、判断に悩むケースもあるでしょう。
ただし、FPの関係ではこれからの教育資金の貯蓄のために役立つ知識があるものです。
借金によらずに成長までしっかりと貯めることで対応が出来ればそれに越したことはないでしょうし、奨学金などの中にも返済が不要なものもありますから、そうしたことを学べる場として、この資格勉強は役立ちます。