老後は年金だけで足りるのか

老後は年金だけで足りるのか

老後は年金だけで足りるのか 先日政府から驚きの発表がされ、参議院選の争点にするなどといまだに幕引きとならない問題が老後の生活費です。政府の試算によると、年金以外に老後の貯蓄額に2,000万円が必要だというものです。これには批判が相次ぎ、日本のシステムが崩壊するとして撤回を余儀なくされましたが、実際のところこの試算はどうなのでしょうか。
一説によれば2,000万円ではなく3,000万円という考え方もあるようです。金融のプロであるFPにその点を確認してみたところ、そもそも老後に夫婦二人である程度の生活水準を保とうとすれば月々380,000円の生活費が必要とのことで、公的年金が月々230,000円程度だとすると、差額分を貯蓄から取り崩していかなければなりません。生活水準を多少抑えたとしても不足分を補うために2,000万円程度用意しておくべきだということは、FPから見るとこれまでも何度も主張してきたことであり、今更何をと言う印象のようです。

FPが行う資産管理と運用に関するアドバイス

FPが行う資産管理と運用に関するアドバイス FPは人生設計士とも呼ばれ、その人もしくはその家族の一生の資産に関する計画を提案することが仕事の一つです。
FPに持ち込まれる人生設計の多くは、結婚などを機会とするようです。つまり、その後、子供の誕生、マイホームの取得、それに関わる借入金に関して相談します。子供の成長につれて保険、教育費、さらには結婚資金の捻出などを考えてゆきます。子供が独り立ちしたら退職し第二の人生を考えてゆくことになります。
どの人生ステージで、お金がどの程度必要になってくるかが主な考え方です。たとえば、マイホームを取得するにはどの程度のお金が必要か、それを手当てするにはどんな方法が考えられるか、借入が良いのか、借入の場合の条件はどうか、返済はどうするかといった具合です。さらに、退職後にどの程度の生活費が必要になるか、それを手当てする方法が考えられるか、退職金の運用はどうするか、年金で足りるのかといった具合です。
こうしたお金のことを考えるに際しては、主に資産運用と税金が問題になります。
例えば保険です。掛け捨てと積み立てのどちらが良いのか、積み立て型の場合、一時でもらうか年金型にするかなどの多くの課題を含みますので、FPに納得できるような設計書を作ってもらいましょう。