FP資格を持っていると生活の様々な面で活かすことができます

生活面のフォローにFP資格が役立つ

生活面のフォローにFP資格が役立つ FP資格で身に付けられる知識は多岐にわたるため、企業経営者の生活面でのフォローにも役立ちます。
例えば経営者が働けなくなった場合を想定したとき、公的制度では保障が薄くても、それを民間の生命保険で補うことができますので、どのような保険が向いているのかを説明します。
また中小企業で資産を個人所有にしたほうがよいか、法人所有にしたほうがよいか迷っている相談者に対しては、その扱いについてアドバイスができるようになります。
法人所有の資産を会社役員へ譲渡したとき、それが贈与なのか給与なのか等を場合別に学ぶからです。
このような相談は税金が絡んできますが、注意しなければならないのは、FP資格のみでは個別具体的な税務相談や税務署類の作成はできないという点です。
これは税理士の独占業務だからです。
したがって一般的な事例を用いて説明する必要があります。
更に金融資産運用も試験範囲ですので、私的に所有している資産を運用したいという人に対しては、金融商品の種類や特徴を説明して相談に乗ることができます。

FPならば資産運用の事業プランを作れます

FPならば資産運用の事業プランを作れます 個人にしろ会社にしろ、それなりの資産がある場合は適切に扱っていく必要が出てきます。
こうした作業を自分達で行うのは若干のリスクがあると言えるでしょう。
大きな資産ともなると、行政などに様々な届出が必要になってきたりするので、そうした物を扱うときには慎重さが必要です。
もしも、届出が正確にされていなければ貴重な資産を適切に扱うことが出来ません。
そうなれば、思わぬ損失が出てしまいます。
そうした事態を避けるためにもしっかりとした事業プランが必要になってきます。
そこで自分達だけでなく、金融に関しての専門家であるFPにも相談してみると良いでです。
FPはこうした大きな資産を扱うための専門的な知識がありますので、届出などに関しても正しく行うことが出来ます。
これならば今後の事業も安心して行うことが出来ること間違いありません。
なれない資産運用に悩まされて本業が疎かになってしまうことがないように、FPの力を利用してみるのも良いでしょう。