FP資格を持っていると生活の様々な面で活かすことができます

FP資格で地域のニーズに応える

FP資格で地域のニーズに応える フィナンシャル・プランニングは、人生の夢や目標を実現するために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現を目指していくことです。
したがってFPの仕事は若い方からご高齢の方までそれぞれの人生の目標に対して、一緒に資金計画を考えていくことです。
不安定な要素の大きい現在では地域に経済的な不安を持っている方も多く、資格を持った専門家に相談したいというニーズは少なくありません。
学齢期の子どものいる家庭では教育にかかる費用について相談したいと思われていますし、マイホームを建てることを考えておられる家庭ではローンの設定、ご高齢の方は老後の資金計画、とどの年齢層においてもFPの果たせる役割があります。
FPがその資格や知識、経験を活かしてそれぞれのライフプランに応じて現状を分析した上で、必要になる預金、ローン、保険などを考えて長期的かつ総合的に実現可能な計画を提案していくことは、地域で生活する人たちの支援として重要なことです。

FPが行う税務相談に付随するキャッシュフローに関するアドバイス

FPが行う税務相談に付随するキャッシュフローに関するアドバイス FPは資産に関する人生設計を行います。
この中には一般的な税務相談が含まれます。
税金は人生におけるあらゆる場面に関わってきます。
就職すれば所得税や住民税が給与から源泉徴収されます。
結婚すればこれらの税金に扶養という概念が発生し税金額が変わってくる場合があります。
マイホームを建てれば資産に係る税金だけでなく、所得税などが減税される場合があります。
FPが資産に関してアドバイスする場合、キャッシュフローという手法を利用することがあります。
企業などで言う資金繰りです。
人生設計をする場合、一生でどれだけの収入があるかとどれだけの支出があるか、そこで収入と支出のどちらが多額になるかを考えます。
ここで問題になるのは、収入が支出より多額であっても一時的に資金繰りが難しくなる場合があります。
企業で言う資金ショートです。
FPのアドバイスで重要なことの一つは、キャッシュフローを使用して一時的に資金が不足するとき、どのように資金手当てをするかが重要な仕事です。
具体的には、マイホームを取得したいが手持ち資金が無い場合、住宅ローンを組みます。
長期的に見ればローンを返済し終われば、資金の不足が解消されます。
こうした相談を適切に行えるのがFPとも言えます。